テレワーク時代の必需品!ブルーライトカットのススメ

テレワークが普及し、パソコンやスマートフォンの画面と向き合う時間が増えました。そこで注目されているのが、ブルーライトの人体への影響です。

ブルーライトとは何か?

ブルーライトは、目に見える光の中で青色光を指し、強いエネルギーを持っています。特にLED照明やディスプレイから多く発せられ、目の疲れや睡眠障害の原因になるという科学的なデータを基にした多くの論文があります。

ブルーライトって、体に悪いの?

どうかな。ブルーライトは目の奥まで届き、網膜に影響を与えることがある…と言われているよ。長時間見続けると、目の疲れや頭痛、肩こりの原因になることもあるらしいよ。

らしい…?

医学的には証明されていないのよ。ブルーライトの影響『ある派』と『ない派』の戦いはネット上で今でも続いているくらいだから、正直どっちもどっちかな。

宗教戦争みたいだね。

信じる者は救われる。だよ。影響がないと思っている人は対策しなければいいだけだし、影響が気になる人にはブルーライトをカットするアイテムをおススメするわ。

アイテム!?ほしいほしい!!

アイテムという響きだけで食いついたわね。

ブルーライトカットのメリット

ブルーライトをカットすることには、以下のような多くのメリットがあります。

1. 目の疲れの軽減
● 長時間の画面作業による目の疲労や乾燥を防ぎます。
● 目の疲れによる頭痛や肩こりのリスクを減らします。

2. 睡眠の質の向上
● ブルーライトはメラトニンの分泌を抑制し、睡眠サイクルに影響を与えます。
● 夜間のブルーライトを減らすことで、より良い睡眠を促進します。

3. 目の健康の維持
● 網膜細胞へのダメージを軽減し、長期的な視力低下のリスクを減らします。
● 目の病気の予防にもつながります。

で、アイテムって何があるの?

ブルーライトカットフィルムをモニターやスマートフォンに貼る方法と、ブルーライトカットのメガネもあるよ。メガネの方が手軽で、どんなデバイスにも対応できるから便利だね。

メガネをかけると、どんないいことがあるの?

真面目な印象や知的な雰囲気を演出できるんだよ。だから、オンライン会議でも好印象を与えられるかもね。

印象の話じゃなくて…

メガネ好き女子にモテる。

買ってくる!!!!

ブルーライトカットメガネは、テレワーク時代の新たな必需品と言えるでしょう。目の健康を守りながら、オシャレも楽しめる一石二鳥のアイテムです。

フィルムは必要がない時、例えば『色味をしっかりと確認しなければならないとき』など、着脱がある業務には不向きです。また、メガネが苦手という方もいることでしょう。そんな方におススメなのがアプリ・ソフトです。

ブルーライトカットアプリ・ソフトの紹介

メガネ買ってきちゃったんだけど。

メガネを忘れたときとか、メガネが壊れた時の対策として、一応あると便利だね。

ブルーライトをカットするためのアプリやソフトウェアについて、いくつかのおすすめを紹介します。

1. f.lux

● f.luxは、パソコンの画面の色温度を自動で調整するソフトウェアです。
● 日中は自然光に近い色温度で表示し、夜間になると暖色系に変更します。これにより、 目の疲れを軽減し、睡眠の質を向上させる効果が期待できます。
● ユーザーの居住地の日の出と日の入りの時間に基づいて、画面の色温度が自動で変化します。
● Windows、Mac、Linuxに対応しており、無料で利用できます

f.lux
Softwaretowarmupyourcomputerdisplayatnight,tomatchyourindoorlighting.

2. Dimmer

● Dimmerは、画面の明るさを調整するシンプルなソフトウェアです。
● このソフトウェアは、特に暗い環境でのパソコン使用時に役立ちます。画面の明るさを大幅に下げることができ、目の疲れを軽減します。
● ユーザーは、画面の明るさを自由に調整でき、非常に使いやすいインターフェースを持っています。
● Windowsシステムで利用可能で、無料でダウンロードできます。

Releases · clangen/dimmer
adisplaydimmingappforwindowswithmulti-monitorsupport-clangen/dimmer

3. LightBulb

● LightBulbは、画面の色温度を自動で調整するソフトウェアです。
● f.luxに似ていますが、よりカスタマイズ性が高い点が特徴です。
● ユーザーは、日の出と日の入りの時間に基づいて色温度が変わるよう設定でき、また、好みに応じて色温度の調整範囲を細かく設定することが可能です。
● このソフトウェアは、目の疲れを軽減し、特に夜間の使用時に睡眠の質を向上させる効果が期待できます。
● Windowsシステムで利用可能で、無料でダウンロードできます。

Releases · Tyrrrz/LightBulb
Reduceseyestrainbyadjustinggammabasedonthecurrenttime-Tyrrrz/LightBulb

どうやって使うの?

簡単だよ。スマホやパソコンにインストールして、設定をするだけ。時間帯に合わせて自動で画面の色を変化させる設定もできるから、目の疲れを感じにくくなるんだ。

これらのアプリや機能を活用することで、ブルーライトの影響を軽減し、目の健康を守ることができます。特に夜間の使用時には効果的とされています。

ブルーライトカットを推奨しない意見

こんなに色々アイテムがあるのに、影響ないって言ってる人がたくさんいるの?

Webではどんな些細な発言にも反論者が出現する…といういい例だね。

あれ、遠い目。過去に難かあったんだね。

ブルーライトカットの必要性については、賛否両論が存在します。ブルーライトカットを推奨しない人たちの主な意見を以下にまとめました。

1. 科学的根拠の不足
● ブルーライトが目に与える影響について、科学的な根拠はまだ十分ではないという意見があります。
● 一部の研究では、ブルーライトが睡眠障害や目の疲れに直接的な影響を与えるという明確な証拠が見つかっていないとされています。

2. 過剰な心配
● ブルーライトに対する過剰な心配は必要ないという意見もあります。
● 日常生活で自然に接する太陽光にもブルーライトは含まれており、それに比べるとデバイスからのブルーライトは強度が低いとされています。

3. 色の歪みや視覚的快適性の低下
● ブルーライトカットレンズやフィルターを使用すると、画面の色が歪むことがあります。
● 特に、グラフィックデザインや写真編集など色の正確性が重要な作業を行う場合、ブルーライトカットは適していないとされます。

4. 他の要因への注意喚起
● 目の疲れや睡眠障害の原因はブルーライトだけではなく、画面からの眩しさや長時間の集中、不適切な姿勢など、他の要因も多く関与しています。
● これらの要因に対処することも、目の健康や睡眠の質を向上させる上で重要です。

これらの意見は、ブルーライトカットの必要性に対する異なる視点を提供しています。ブルーライトカットの採用にあたっては、これらの意見も考慮し、個々の状況やニーズに合わせた選択が重要です。

ブルーライトをカットしない方がいい場面

ブルーライトをカットしない方がいい人もいるよ。

カットした方がいい派でも、カットが出来ない人がいるの?

そうだよ。例えばデザイナーやクリエイターは色味が変わると確認ができなくなるからね。

そうか。メガネでもソフトでも色が暖色系になったり、色味が薄くなったりするもんね。

実際の色味と違うものを提供する事になりかねないよ。

それは困るね。

あと、ブルーカットのメガネはレンズに色がついていることがあるから。

たしかに!僕の買ったメガネは、レンズが少し水色がかっているよ。

レンズは透明の物と青味がかったもの、茶色いものなどカットできる強度によって様々だよ。

ってことは、仕事中にサングラスをしているように見えるってこと?

そうだね。知的な印象を与えるどころか…。

そういうのは早く言ってくれないと!

だって、説明の途中で飛び出して言ったよね。

ブルーライトカット:まとめ

ブルーライトカット技術は目の疲れや睡眠障害の原因とされるブルーライトを軽減するメリットがあります。しかし、科学的根拠の不足や画面の色の歪みによるデメリットも指摘され、賛否両論が存在するので個々の状況やニーズに合わせた選択が重要です。特に色の正確性が求められる職業では、ブルーライトカットの使用に慎重な判断が求められます。

じゃあ、ブルーライトをカットしたい人は?

カットする!

気にしない人は?

気にしない!

よくできました。

もしかして、馬鹿にされている!?

そんなことないよ。メガネ似合ってるよ。

てへへ♪

皆さんの目の健康と快適なデジタルライフをサポートするために、最適な選択をしていただけることを心から願うと共に、イデアルアーキテクツでは、ブルーライトを気にするITエンジニア、まったく気にしないITエンジニア、別にどっちでもいいというITエンジニアを募集中です。

実力主義の会社だからね。

仕事が出来れば何でもいいってことだねw

何でもいいわけではございませんが、ご応募お待ちしております。

イデアルアーキテクツ採用情報はこちら

イデアルアーキテクツ採用情報
https://ideal-architects.co.jp/recruit/

タイトルとURLをコピーしました