WEBエンジニアのためのポートフォリオ作りの秘訣

スポンサー

WEBエンジニアとしてのキャリアを築く上で、ポートフォリオは非常に重要な役割を果たします。
技術力、プロジェクト経験、問題解決能力を示すための重要なツールであり、自分の能力をアピールする最適な方法です。

この記事では、効果的なポートフォリオの作り方とその秘訣について、具体的な方法を詳しく解説します。
初心者から経験者まで、WEBエンジニア ポートフォリオ 作り方 秘訣を知り、自分のスキルと経験を最大限に活かしましょう。

この記事のPOINT
  • ポートフォリオが技術力、プロジェクト経験、問題解決能力を示す重要なツールであること
  • 効果的なポートフォリオ作成のための具体的な方法と秘訣
  • ポートフォリオを通じて自分の技術的な成長を示す方法
  • 未経験者がエンジニアとして成功するためのポートフォリオの重要性と活用法

WEBエンジニアのポートフォリオ作成の秘訣

WEBエンジニアのポートフォリオは、技術力、プロジェクト経験、問題解決能力を示す重要なツールです。この記事では、効果的なポートフォリオの作り方とその秘訣について詳しく解説します。

ポートフォリオがない?そんな時の対処法

ポートフォリオがないけど、どうしたらいいの?

ポートフォリオがないなら、まずは小さなプロジェクトから始めるのがいいよ。自分で何かを作ってみることが大切だから。

ポートフォリオは、あなたの技術や経験を示すためのもの。
まだ何もない場合は、小さなプロジェクトを通じて、自分のスキルを実際に形にしてみましょう。
例えば、簡単なウェブサイトを作る、小規模なアプリを開発するなど、自分の能力に合ったプロジェクトを選んで、実際に手を動かしてみることが重要です。

オンラインのチュートリアルやコースを利用して、基本的なスキルを身につけるのもいい方法だよ。最初は小さくても、徐々に大きなプロジェクトに挑戦して、ポートフォリオを充実させていけばいいんだ。

なるほど、自分で何かを作ることから始めるんだね!

ポートフォリオはあなたの技術的な成長を示すツールです。
最初は小さなプロジェクトでも、着実に成果を積み重ねることで、より大きなプロジェクトに挑戦し、ポートフォリオを充実させることができます。

でも、作り方が分からないや。

一つずつ分かりやすく説明するね。

ポートフォリオとは?エンジニアに必要な理由

ポートフォリオは、WEBエンジニアにとって非常に重要なツールです。
技術力やプロジェクト経験を具体的にアピールするために用いられ、転職やフリーランスとしての活動において大きな役割を果たします。
自分の技術力やプロジェクト管理能力を潜在的なクライアントや雇用主に示すことができるのです。

ポートフォリオって、どんなものを入れるの?

ポートフォリオには、自分の作ったアプリケーションやウェブサイトなど、技術力を示す作品を入れるんだよ。GitHubのリンクを含めると、どんなコードを書いているかも見てもらえるし、自分のスキルを具体的にアピールできるんだ。

効果的なポートフォリオを作成するためには、いくつかの重要な要素が必要です。
これらの要素を適切に組み合わせることで、あなたの技術力や経験を効果的にアピールできます。

1. 自己紹介と職歴
ポートフォリオの冒頭には、自己紹介と職歴を書きます。簡潔かつ具体的に自己紹介を行い、職歴は明確に記載しましょう。これにより、あなたのバックグラウンドと経験を理解してもらうことができます。

2. スキルセット
あなたが持っている技術やツールに関する情報を詳細に記載します。これにはプログラミング言語、フレームワーク、その他関連する技術が含まれます。得意な技術やツールを具体的にリストアップし、できればそれらを使用した経験も併せて記載しましょう。

3. プロジェクトの詳細
過去に取り組んだプロジェクトの詳細を記載します。これには使用した技術、プロジェクトの目的、達成した成果などが含まれます。可能であれば、プロジェクトに関連する数字や統計を用いるとより効果的です。

4. アウトプット
実際に制作したアプリケーションやサービスのソースコードをGitHubなどで公開し、ポートフォリオにリンクを含めます。これにより、あなたの技術力を具体的に示すことが可能になり、実際の作業を評価することができます。

5. 連絡先
最後に、連絡先情報を明記します。これにより、興味を持った企業やクライアントがあなたに直接連絡を取ることができます。

ポートフォリオをしっかり作れば、自分のスキルや経験を効果的にアピールできるね!

自己紹介とスキルセットについてもっと知りたいなあ。

わかった!じゃあ次は自己紹介とスキルセットについてもっと詳しく説明するね!

プロフィールとスキルセットの明確な提示

ポートフォリオのプロフィール部分では、自分の経歴とスキルセットを明確に提示することが求められます。
ここでは、自分のキャリアパスと技術的な能力を具体的に示すことが重要です。
特に、どのようなプロジェクトに取り組んできたか、どの技術を使ってきたかを詳細に記述します。

1. 経歴の詳細:学歴や職歴、特に重要なプロジェクトや達成した成果を具体的に記載します。これにより、あなたのキャリアパスが明確に伝わります。

2. 技術スキルの具体化:プログラミング言語、フレームワーク、ツールなど、具体的な技術スキルをリストアップします。ここでのポイントは、単に技術名を挙げるのではなく、それらをどのようなプロジェクトでどの程度使いこなしてきたかを示すことです。

3. 個人の特徴と興味:技術的なスキルだけでなく、個人の特徴や興味がある分野も軽く触れることで、プロフィールに人間味を加えます。例えば、特定の技術分野への深い興味や、趣味で行っているプログラミング関連の活動などです。

プロフィールで自分の経歴やスキルをしっかりアピールすることで、技術力だけでなく、個性も伝えられるね。

そうすると、ただの技術者じゃなく、一人の個性的な人間として見てもらえるんだね!

ただし、あれこれ書きすぎてごちゃごちゃしないように気を付けてね。

何が伝えたいか分からなくなるからだね!

このように、プロフィールスキルセットを詳細に記述することで、技術力だけでなく、あなたのキャリアや個性を効果的にアピールできます。

実績の詳細:使用技術と選定理由

ポートフォリオにおける実績の詳細部分では、過去に取り組んだプロジェクトの具体的な内容を記載します。
ここでは、使用した技術やその選定理由、プロジェクトの目的や成果を詳しく説明することが重要です。これにより、技術選定の理由やプロジェクト管理能力をアピールできます。

実績って、どうやって見せるの?

実績を見せるには、具体的なプロジェクトの内容を詳しく書くことが大切だよ。たとえば、どんな技術を使ったか、なぜその技術を選んだのか、プロジェクトでどんな成果を出したかを説明するんだ。

実績の詳細を記載する際には、以下のポイントに注意しましょう。

1. 使用技術の詳細:プロジェクトで使用した技術やツールを具体的に記載します。これにはプログラミング言語、フレームワーク、データベースなどが含まれます。

2. 技術選定の理由:なぜその技術を選んだのか、その理由を明確にします。プロジェクトの要件や目的に合わせた技術選定を説明することで、技術的な判断力をアピールできます。

3. プロジェクトの目的と成果:プロジェクトの目的や達成した成果を具体的に記述します。目標達成のためにどのような工夫をしたか、どのような問題を解決したかを詳しく説明することが重要です。

実績の詳細をしっかり書くことで、自分の技術力やプロジェクト管理能力を具体的にアピールできるね。

そうすれば、自分がどんなことができるか、はっきりと伝えられるんだね!

ポートフォリオ更新の重要性:スキルの成長を示す

ポートフォリオを作ったら、それで終わり?

いいえ、ポートフォリオは常に更新する必要があるの。技術は進化し続けているから、新しいスキルを学んだり、新しいプロジェクトに取り組んだりしたら、それをポートフォリオに反映させるのが大切なのよ。

ポートフォリオは、あなたの技術的な成長を示すツールです。
新しい技術を学んだり、新しいプロジェクトに挑戦したりすることで、ポートフォリオを更新し続けることが重要。
これにより、あなたの学習意欲と成長をアピールでき、将来のキャリアにおいてより良い機会を引き寄せることができます。

例えば、新しいプログラミング言語を学んだら、それを使ったプロジェクトをポートフォリオに追加するとかね。

なるほど、自分が成長していることを示すために、ポートフォリオを更新し続けるんだね!

正確にはそうです。ポートフォリオは、あなたの技術的な旅路を示すもの。
定期的に更新することで、あなたの成長と進歩を明確に示すことができます。

GitHubを活用したソースコードの公開

WEBエンジニアのポートフォリオにおいて、GitHubを活用したソースコードの公開は非常に重要です。
GitHubにコードを公開することで、実際に手がけたプロジェクトの質を直接見てもらうことができます。
また、コードの整理やコメントの書き方など、技術的な細部にわたる配慮も評価されます。

GitHubって何?

GitHubは、ソースコードを管理・共有するためのプラットフォームだよ。プログラマーが自分のコードをアップロードして、他の人と共有したり、他の人のコードを見たりできるんだ。

GitHubを利用することのメリットは以下の通りです。

1. 技術力の証明:自分のコードを公開することで、具体的な技術力を示すことができます。プロジェクトの質やコードの書き方を通じて、技術的な能力をアピールできます。

2. プロジェクトの透明性:GitHubにプロジェクトを公開することで、開発プロセスの透明性を高めることができます。プロジェクトの進行状況や変更履歴などが明確になります。

3. コミュニティとの連携:GitHubは世界中の開発者が利用しているため、自分のプロジェクトに対するフィードバックを得やすく、他の開発者とのコラボレーションの機会も増えます。

GitHubを使って、自分の技術力をしっかりとアピールしよう。

GitHubでコードを公開するのって、難しそう…。

最初は少し難しく感じるかもしれないけど、慣れればとても便利だよ。自分の成長の記録にもなるし、他の人とコードを共有するのも楽しいよ!

ブログやSlideshareを通じたアウトプットの紹介

WEBエンジニアとしてのポートフォリオを充実させるためには、ブログやSlideshareなどを活用して知識や経験を共有することが効果的です。
これらのプラットフォームを通じて、自分の専門知識や業界に対する洞察を示すことができます。

ブログって、どんなことを書けばいいの?

ブログでは、特定の技術トピックに関する記事を書いたり、自分が取り組んだプロジェクトの経験を共有したりするといいよ。

ブログやSlideshareを活用するメリットは以下の通りです。

1. 専門知識の共有:特定の技術や業界に関する深い理解を示すことができます。これにより、自分の専門性をアピールできます。

2. コミュニケーション能力の証明:複雑な技術的な内容をわかりやすく伝える能力を示すことができます。これは、特にチームでの作業やプロジェクト管理において重要なスキルです。

3. プロジェクトのプレゼンテーション:Slideshareを利用して、プロジェクトのプレゼンテーションを公開することで、プロジェクト管理能力やプレゼンテーションスキルをアピールできます。

ブログやSlideshareを使って、自分の知識や経験をしっかりとアウトプットしよう。

ブログを書くのって、なんだか大変そうだね。

最初は大変かもしれないけど、慣れれば自分の考えを整理するのにも役立つし、他の人と知識を共有するのも楽しいよ!

わかった!ブログを習慣にしてみるよ。

連絡先の明記:効果的なネットワーキング

ポートフォリオにおいて、連絡先の明記は非常に重要です。
これにより、潜在的なクライアントや雇用主が容易にあなたに連絡を取ることができます。
効果的なネットワーキングのためには、以下の点に注意しましょう。

1. メールアドレスやLinkedInのプロフィールリンクを掲載する。
これらは、プロフェッショナルな連絡手段として広く認識されています。LinkedInなどのプロフィールリンクは、あなたの職歴やスキルセットを詳細に伝えるのに役立ちます。

2. GitHubやQiitaのアカウントも掲載する。
特にエンジニアとしての技術力を示すためには、これらのプラットフォームでの活動が重要です。あなたのコードや技術記事を通じて、専門知識や経験を示すことができます。

3. Twitterなどのソーシャルメディアアカウントを含める。
ソーシャルメディアは、あなたの人柄や興味、業界に対する洞察を伝えるのに役立ちます。ただし、プロフェッショナルな内容に限定することが重要です。

4. 趣味や普段学習していることを紹介する。
これは、あなたの人間性を示し、親しみやすい印象を与えるのに役立ちます。写真や簡単な自己紹介文を加えることで、より人間味のあるプロフィールになります。

5. 連絡先の情報は常に最新の状態に保つ。
古い情報や使われていないアカウントを掲載すると、連絡が取れないという問題が生じる可能性があります。定期的に情報を確認し、必要に応じて更新しましょう。

これは僕でもわかるよ!連絡先の記載は大切だよね!

もちろん!連絡先がないと、仕事の依頼や質問があっても、誰も連絡できないでしょ。だから、連絡先はしっかりと明記しておくことが大切なの。

連絡先を載せるだけで、いろんなチャンスが広がるんだね!

そうだよ。ただし、プライベートな連絡先は載せないように気をつけて。プロフェッショナルな連絡手段を用意することが大事だからね。

プライベートな連絡先をポートフォリオに載せない方が良い理由は、主にプライバシーの保護とプロフェッショナリズムの維持に関連しています。

1. プライバシーの保護:個人の電話番号やプライベートなメールアドレスを公開すると、不要な連絡やスパム、セキュリティ上のリスクにさらされる可能性があります。プライベートな情報を公開することで、オンライン上のプライバシーが侵害される恐れがあります。

2. プロフェッショナリズムの維持:ビジネス関連の連絡には、専用のメールアドレスやプロフェッショナルなSNSアカウント(例:LinkedIn)を使用することが望ましいです。これにより、仕事とプライベートの区別が明確になり、プロフェッショナルな印象を維持できます。

3. 効率的なコミュニケーション:ビジネス用の連絡先を用意することで、仕事関連のコミュニケーションを一か所に集約できます。これにより、仕事の依頼や問い合わせを効率的に管理し、迅速な対応が可能になります。

4. 信頼性の向上:プロフェッショナルな連絡先を提供することで、あなたの信頼性と真剣さが伝わります。これは、特にフリーランスや独立したプロフェッショナルにとって重要な要素です。

以上の理由から、ポートフォリオにはプライベートな連絡先を載せず、ビジネス用の連絡先を明記することが推奨されます。
これにより、プライバシーを保護し、プロフェッショナルなイメージを維持することができます。

プロフェッショナルなイメージを持たれたい!

そうだよね。プライベート用とビジネス用を分けるのは、ビジネスマナーとしては常識なんだよ。

連絡先の明記は、ポートフォリオにおけるネットワーキングの基本です。
適切な連絡手段を提供することで、潜在的な機会を最大限に活用しましょう。

コードの読みやすさと整理:エンジニアの基本

ポートフォリオにコードを載せるとき、何に気をつけたらいいの?

コードの読みやすさと整理がすごく大事だよ。整理されたコードは、他のエンジニアが理解しやすく、協力しやすいんだ。

コードの品質を高めるためには、いくつかのポイントがあります。
まず、コメントを適切に追加して、コードの意図を明確にします。
次に、インデントやスペースを適切に使って、コードを見やすく整理します。
そして、変数名や関数名は、その役割が分かるように命名することが重要です。

コードを書くときは、自分だけでなく、他の人が読むことも想定してね。

なるほど、他の人にもわかりやすいコードを書くことが大切なんだね!

正確にはそうです。
ポートフォリオにおいて、コードの読みやすさはあなたのプロフェッショナリズムを示す重要な要素です。
整理されたコードは、あなたの技術的な能力だけでなく、チームでの協力性やコミュニケーションスキルも反映します。

未経験からエンジニアになるためのポートフォリオの重要性

未経験からエンジニアを目指す場合、ポートフォリオは自分の技術力や学習意欲を示すための重要なツールです。
実務経験がない状況でも、学習成果やプロジェクト経験を通じて、採用担当者に自分の可能性をアピールできます。

実務経験がないと、ポートフォリオを作るのは難しくない?

実務経験がなくても大丈夫。自分が学んだことや小さなプロジェクトでも、それをどう活用したかを示せばいいんだよ。例えば、オンラインで学んだプログラミングスキルを使って、簡単なウェブサイトを作るとかね。

ポートフォリオは、あなたの技術的な成長を示す機会です。
たとえ小規模なプロジェクトでも、それがどのようにあなたのスキルを形成したかを示すことが重要です。
プロジェクトの目的、使用した技術、学んだことなどを詳細に記述することで、あなたの技術的な洞察力や問題解決能力をアピールできます。

なるほど、自分のスキルを見せるための具体的な例を作るわけだね!

そうそう、ポートフォリオは自分の技術的な旅路を示すものだから、小さなプロジェクトでも大切にね。

未経験者がエンジニアとして成功するためには、ポートフォリオが非常に役立ちます。
これにより、あなたの学習過程や技術的な成長を具体的に示すことができ、採用担当者にあなたの潜在能力を理解してもらうことが可能になります。

未経験エンジニアのためのポートフォリオレベル設定

未経験エンジニアにとって、ポートフォリオのレベル設定は非常に重要です。
初心者向けのプロジェクトからスタートし、徐々に難易度を上げていくことが推奨されます。
基本的なウェブサイト構築から始め、段階的にデータベース統合やAPI利用などの複雑な機能を取り入れたプロジェクトに挑戦することで、スキルを伸ばし、ポートフォリオの質を高めることができます。

レベル設定って何?

自分のスキルや経験に合わせて、プロジェクトの難易度を調整することをレベル設定と言うんだよ。

レベル設定は、あなたの技術的な成長を段階的に示すためのものです。

未経験から始める場合、どんなプロジェクトを選ぶべき?

最初は簡単なウェブサイト作成から始めるといいよ。HTMLやCSSの基本を学びながら、自分の趣味や興味を反映させたサイトを作ってみて。その後、JavaScriptやサーバーサイドの言語を学び、少しずつ複雑な機能を追加していくのが良い方法だね。

ポートフォリオのレベル設定は、あなたの学習過程と技術的な成長を示す重要な要素です。
初心者レベルのプロジェクトから始めて、徐々に技術的な難易度を上げることで、あなたの進歩を明確に示すことができます。
また、異なる技術やツールを使ったプロジェクトを取り入れることで、多様なスキルセットをアピールすることも可能です。

難しいプロジェクトに挑戦するのはいつがいいの?

基本的なスキルが身についたら、少しずつチャレンジしてみて。例えば、データベースを使ったウェブアプリケーションや、外部APIを利用したプロジェクトに挑戦すると、より高度なスキルを身につけることができるよ。

ポートフォリオのレベル設定は、あなたの技術的な成長を段階的に示すためのものです。
初心者から中級者、上級者へとステップアップする過程で、さまざまな技術やツールを学び、それらを活用したプロジェクトを展開することで、あなたの技術的な幅と深さをアピールすることができます。

WEBエンジニアとして輝くポートフォリオの作り方

WEBエンジニアとして市場で際立つためには、技術を学ぶだけでなく、その活用方法を示すことが重要です。
ポートフォリオは技術的な成長と実務経験を示す貴重なツールであり、未経験者から経験豊富なエンジニアまで、自分のスキルと経験を最大限に活かしたポートフォリオの作成方法を提供します。

大学生エンジニアのポートフォリオ作成例

大学生がポートフォリオを作るって、どういうこと?

大学生は、授業で学んだプログラミング言語や理論を活かして、独自のプロジェクトを作るのがいいんだよ。たとえば、新しいアプリケーションの開発や学術的な研究に基づくプロジェクトなどが考えられるね。

それがどんな風に役立つの?

そうやって作ったプロジェクトをポートフォリオに載せることで、学校での学びが実際にどう役立っているかを示せるの。これが、将来の雇用主に対する強力なアピールになるんだ。

大学生のエンジニアは、学業で得た知識を実践的なスキルに変え、ポートフォリオを通じてその能力をアピールすることが重要です。
これにより、単なる学生ではなく、実務にも対応できる技術者としての魅力を高めることができます。

リリース済みプロジェクトの提示:実務経験の証明

実際の経験がある場合はポートフォリオにそれを載せたらいいの?

実際にリリースしたプロジェクトがある場合はその詳細を載せるといいよ。それによって、実務経験があることがわかるからね。

プロジェクトの計画から実装、リリースまでの一連の流れを経験していることを示すことができます。
これは、あなたが実際のプロジェクトを成功させる能力を持っていることを証明するものです。

リリースしたプロジェクトって、どんなものがいいの?

自分が関わったアプリやウェブサイトなど、実際に人々が使っているものが理想的だよ。

実際のユーザーからのフィードバックを受けた経験は、エンジニアとしての成長にもつながります。
これにより、あなたが実際の市場ニーズに応える能力を持っていることが示されます。

リリースしたプロジェクトをポートフォリオに載せることで、あなたの実務経験やスキルを具体的にアピールできるよ。

なるほど、実際に使われているものを作ったことを見せるんだね!

それにより、あなたのポートフォリオはより信頼性と実用性を持つものになります。
これは、雇用主にとって非常に重要なポイントです。

Qiitaを活用したポートフォリオの強化

Qiitaって何?

Qiitaは技術者のための情報共有サイトだよ。プログラミングやエンジニアリングに関する記事を書いたり、読んだりできるんだ。

Qiitaは、プログラミングや技術に関する知識を共有するためのプラットフォームです。
このプラットフォームを活用することで、WEBエンジニアとしてのポートフォリオをより充実させることが可能になります。

1. 技術記事の公開:
自分が学んだプログラミングの知識や、プロジェクトでの経験を記事として公開します。例えば、新しいフレームワークの使い方、バグの解決方法、効率的なコードの書き方など、具体的なテーマに沿った内容を共有することができます。

2. 技術的な理解度の証明:
記事を通じて、自分の技術的な理解度や問題解決能力を示すことができます。これは、単に技術を学んだだけでなく、それを実践的に適用し、他者に説明できる能力を持っていることを証明するものです。

3. コミュニティとの交流:
Qiitaでは、他のエンジニアとの交流が活発に行われています。記事に対するコメントや質問を通じて、新たな知識やスキルを身につけることができます。また、他者の記事からも学び、自分の知識を広げることが可能です。

4. ポートフォリオへのリンク:
Qiitaのプロフィールページには、自分のGitHubリポジトリや個人ウェブサイトへのリンクを設置することができます。これにより、Qiitaでの活動をポートフォリオの一部として統合し、より幅広い技術的背景を示すことが可能になります。

Qiitaで記事を書くのって難しいの?

最初は簡単な内容から始めてもいいんだよ。大切なのは、自分が学んだことを他人に伝える経験を積むこと。それに、他の人のフィードバックを受けることで、さらに学びが深まるんだ。

Qiitaを利用することで、技術的なスキルだけでなく、コミュニケーション能力やコミュニティとの協力も重要な要素としてポートフォリオに反映されます。
これは、現代のWEBエンジニアにとって不可欠なスキルの一つです。

トレンド技術の採用:現代のニーズに応える

他にポートフォリオに載せたらいいことってあるの?

最新のトレンド技術を取り入れるといいよ。例えば、機械学習やクラウドコンピューティング、モバイル開発などね。

現代の市場ニーズに応えるためには、需要の高い技術を学び、それをポートフォリオに反映させることが重要です。
これにより、あなたが最新の技術動向に精通していることを示すことができます。

新しい技術を学ぶことは、自分のスキルをアップデートする良い機会にもなるよ。

どうやって最新のトレンドを追いかけるの?

技術ニュースを読んだり、オンラインのコースを受けたり、コミュニティに参加するのがいい方法だよ。

トレンド技術をポートフォリオに取り入れることで、あなたが現代の技術環境に適応し、進化し続けるエンジニアであることをアピールできます。
これは、雇用主にとって非常に魅力的な特徴です。

###

ポートフォリオ作りの秘訣:まとめ

WEBエンジニアとしてのポートフォリオは、技術力とプロジェクト経験を示すために重要です。
明確なプロフィール、詳細な実績、GitHubを通じたソースコードの展示、最新技術の取り入れがキーとなります。
未経験者も、段階的にスキルを高め、リリース済みプロジェクトを通して実務経験をアピールすることが成功への道です。

1. 小さなプロジェクトから始め、技術や経験を形にする
2. オンラインチュートリアルやコースを利用して基本スキルを身につける
3. ポートフォリオは技術的な成長を示すツールであり、定期的に更新することが重要
4. 趣味や普段学習していることを紹介し、親しみやすい印象を与える
5. 連絡先情報は常に最新の状態に保つ
6. GitHubを利用して技術力を証明し、プロジェクトの透明性を高める
7. ブログやSlideshareを通じて専門知識や経験を共有する
8. ポートフォリオには自己紹介と職歴を簡潔かつ具体的に記載する
9. スキルセットを詳細に記載し、得意な技術やツールをリストアップする
10. 過去に取り組んだプロジェクトの詳細を記載し、使用した技術や達成した成果を明確にする
11. 実際に制作したアプリケーションやサービスのソースコードをGitHubなどで公開し、ポートフォリオにリンクを含める
12. ポートフォリオにはリリース済みプロジェクトの詳細を載せ、実務経験を証明する

タイトルとURLをコピーしました